病院からのお知らせINFORMATION

胆のうポリープ外来の御案内

重要

胆のうポリープ外来の御案内


胆のうの構造



胆のうポリープにはどのようなものがありますか?

1)コレステロールポリープ

胆のうポリープの中で約90%を占める、最も多い種類です。胆のうの中に多発しやすいことが特徴です。多くは数mm以内のものが多く、10mm超えることは稀です。

2)腺腫性せいポリープ

良性と考えられていますが、一部に胆嚢癌の発生源になる関係性が報告されています。

3)過形成ポリープ

胆のうの粘膜表面の細胞(‘上皮’と呼びます)が過剰に増殖したタイプです。

4)炎症性ポリープ

慢性胆のう炎を起こした患者様に起こる、粘膜細胞の増殖が原因の良性ポリープです

5)胆嚢癌

胆のうの粘膜に出来る悪性腫瘍です。ポリープの段階で見つかる胆嚢癌は比較的早期の病変が多く、適切な治療により根治的治療を行うことが可能です。

胆のうポリープの症状にどんなものがありますか?

ほとんどの場合症状はありません。胆石症が合併していれば痛みで出ることもあります。ですから健康診断や人間ドックで指摘される場合がほとんどです。

 

胆のうポリープはどうのように診断するのですか?

腹部超音波検査でほとんどの場合見つける事が出来ます。しかし胆嚢癌との鑑別が必要な時は超音波内視鏡造影CTMRI内視鏡的逆行性胆道造影(ERC)胆汁細胞診を行う時があります。またPET-CTも癌を診断するのに有用な検査です。自費診療ですがボストン・サイエンティフィック社製のSpyGlassTM というデイスポ経口胆道鏡を使用する事もあります。



胆のうポリープの肉眼的鑑別の要点




胆のうポリープの治療はどうすればいいですか?

胆のうポリープの治療は、胆嚢の摘出です。

治療の対象となるのは、以下のように胆嚢癌の存在する可能性があるものになります。

胆のうポリープの治療が必要な人 

① 胆のうポリープが10mm以上

② 経過観察の検査で大きくなってきている

③ 大きさにかかわらずポリープの茎が幅広いもの(「広基性病変」と呼びます)

④ 超音波検査で癌が疑われる所見(充実性低エコー所見)がある場合

   その他、血液検査で腫瘍マーカー(CA19-9, CEA, DUPAN-2, SPAN-1など)、PET-CT、細胞診などで悪性の可能性が否定できない場合は、手術をお勧めします。

 

手術の方法 

胆のう摘出手術の方法には、腹腔鏡下胆のう摘出術開腹胆のう摘出術があります。

胆のうポリープで胆嚢癌の可能性が少ない場合は、腹腔鏡下胆のう摘出術を行います。ポリープの場所によりますが、肝臓に近い場合は、胆嚢を組織をすべて切除する全層切除を行います。術中、明らかな浸潤の所見を認めた場合には、開腹手術に変更する場合があります。

胆嚢癌の可能性が高いと判断した場合、開腹での胆嚢摘出術を行います。場合により転移を起こしうる周囲のリンパ節(肝門部リンパ節)を同時に切除して、病変を取りきる手術を行います。



宇治川病院での胆のうポリープに対する治療

胆嚢ポリープが10mm 前後で,かつ画像上増大傾向を認める場合,または大きさにかかわらず広基性の場合,胆嚢癌の頻度が高く,ガイドライン上でも胆摘出術が推奨されております。PET-CT検査陽性の場合開腹胆のう摘出術を、PET-CT陰性の場合腹腔鏡下胆のう摘出術を行わせていただきます。

執刀は内視鏡外科技術認定医(認定医番号:13-GS-079 胆道)/消化器外科専門医(認定番号3004979)陳 孟鳳が行わせていただきます。

 

当院における胆ポリープに対する胆のう摘出術のながれ

① 初診、消化器外科外来での診察。術前検査(血液検査、心電図、肺機能検査、胸腹部レントゲン写真、造影CTまたはMRI検査、必要であればERC、PET-CT)行わせていただきます。

② 全ての検査が終了後外来で、手術説明等を行い同意書をお渡しいたします。

③ 手術前日の御入院。持参していただいた同意書の確認、手術前日検査。

午後9時以降は絶飲食となります。

④ 手術当日絶飲食のまま午前9時ごろ手術室入室。全身麻酔下に胆のう摘出術を行わせていただきます。

腹腔鏡下手術の場合手術終了帰室後良好であることを陳医師が診察で確認し4時間後から歩行、飲水開始となり夕食から食事再開となります。

開腹手術の場合、翌日から飲水、食事の開始となります。

⑤ 腹腔鏡下手術の場合手翌日レントゲン、血液検査を行い検査結果が良好であることを確認して御退院となります。

開腹手術の場合退院は術後1週間から10日後の退院となります。

⑥ いづれの患者様も1週間後御来院していただき診察。術後1週間目検査、病理検査で良性が確認できればその後通院の必要はありません。病理検査で癌の診断が出た時には癌のステージによって再手術が必要な場合があります。

 

胆ポリープ外来消化器外科専門外来陳医師が行っておりますので外来・予約いづれでも診察させていただきます。御気楽にお電話(℡:0774-22-1335)でご相談下さい。


外来診療時間

午前診療

月~土 9:00~12:00

受付は8:30~12:00

夜診療

月・水・金17:00~19:30

受付は16:00~19:30

休診日:日曜日・祝日

診療時間・診療科目をお間違えのないよう、ご確認ください。